Skip to main content

IoTアプリケーションのバッテリ稼働時間を延ばすR-78S評価ボード

RECOMは、低消費電力IoTアプリケーション向けにAAバッテリや外部供給電圧を3.3Vに昇圧するスイッチングレギュレータ、R-78Sの機能を簡単に試験できる初めての評価ボードを発表しました。この評価ボードは、入力と出力の電流と電圧を測定するために複数のジャンパーヘッダを備えており、アクティブおよびスタンバイ状態両方での標準的なバッテリ稼働時間を算出可能です。

R-78S評価ボードは、1.5Vの1セルAAバッテリ電圧を安定化3.3Vに昇圧するR-78Sの性能を実証します。このスイッチングレギュレータは、より高いエネルギー容量を保証し、ボタンもしくはコインセルバッテリとの比較において維持費を削減します。0.65Vという低い入力電圧まで昇圧動作を継続できるので、有効にアプリケーションの稼働時間を延長します。この評価ボードは、遠隔アプリケーションでは一般的な環境発電デバイスのような他の低電圧源からの外部入力電圧を使用できるオプションを備えています。負荷は、出力ピンもしくはmicro-USBポートに接続可能です。電圧および電流測定用のテストポイントによって、AAバッテリの動作時間を延長しMEMS電源を実現可能にさせる0.65Vまでの広い入力電圧範囲、高い効率、低い待機時損失のすべてを評価することができます。また、3.3VのIoTアプリケーションにすぐに使うことができる小型のリファレンスデザインボードR-REF02-78Sも用意しています。さらに、安定化Bluetooth用1.8VやLoRaWAN送信器用3.6Vなど、多くのアプリケーションをカバーするためにR-78シリーズを拡充しています。R-78S評価ボードおよびリファレンスデザインボード、またR-78Sコンバータは、RECOMの正規販売代理店にて供給中です。