Skip to main content

低待機時消費電力、1セルバッテリからの昇圧スイッチングレギュレータ

RECOMのR-78Sは、特に1セルバッテリ動作のIoTアプリケーション向けに設計された、新しい昇圧スイッチングレギュレータです。広い入力電圧範囲、高効率、低い待機時損失により、バッテリ動作時間を延ばすだけではなく、バッテリ電圧の最後の最後まで安定した3.3Vの出力電圧を維持します。

標準降圧レギュレータであるR-78のシンプルなプラグアンドプレイコンセプトに基づいた昇圧レギュレータR-78Sは、3.15V~0.65Vという非常に低い入力電圧から安定した3.3VDC出力を提供することができます。

マイクロコントローラやWLAN/Bluetooth/LoRaモジュール、またIoTシステムといったアプリケーションは昨今、明らかに大きな電力で長時間動作を提供する従来の3Vボタン電池とは大きく異なる1.5Vセル1個で給電されています。

R-78Sシリーズの効率は全負荷において93%を達成し、軽負荷時でも90%以上を維持します。無負荷時の消費電流は160µAで、コントロール端子を使った場合は7µAに削減できます。

このコンバータは、永続的な短絡と過剰な温度条件に対する保護と、充電式セルの深い放電状態からの保護のために低電圧ロックアウト(UVLO)を備えています。動作温度範囲は、周囲温度-40℃~+100℃です。また、新規格EN62368-1の認証取得申請中です。

また、R-78Sには3年保証が付帯されています。サンプルは正規代理店より供給中です。